FC2ブログ

イマドキ中学受検(験) 一本勝負で公立中高一貫合格!

我が家の次回中学受検は2019年&日々のおはなしです

適性検査について

こんばんは。

あらしのよるに

時々強く降る雨音を聞きながら、久しぶりにパソコンから。
やっぱりスマホで記入するよりも、ラク♪

うまくスワイプとかフリックとか?(文字を滑らせて入れるあれです)
出来ないので、キーボードの方が良いです。

仕事で使うときには、Bluetoothで接続できる、持ち運び可能な折りたたみ式のキーボードを持ち歩いています。

さて、コメントでご質問いただきました。
適性検査の傾向が変わってきた、という私見。

きちんとデータ取りしているわけではなく、ざっくり見た感じの印象もあります。
(すみません!)

きちんと分析されているサイトさんもあるのでしょうが、私的にみた傾向の変化を少し。

平成27年度の問題(7期生が受けた検査問題)には、某クイズ番組でも引用された「リンゴの皮むき」問題があります。
これ、今でも娘たちが時々話題にすることがあり、インパクトはかなりのものでしたね。

リンゴを剥く方向や向きなどの前提条件のもと、全部リンゴを剥いたあとに、皮をテーブルに置いた形はどれ?と言う問題です。

長女は正解できませんでした(笑)

同年の問題を見ていくと、会話文を読んで答えるもの、図形、資料の読み取り、意見の記述、バイオリンの絃の問題などがありますね。
基礎的な学力と、答えを導き出す理解力、そして想像力が必要な感じをもっています。(私見です)

翌年以降の問題を見ていると、想像力の部分を感じられないというか。
淡々と問題が連なっていくというか。

H27年問題が「トン トン トン ドッカーン ドカーン トン トン」
なのに対して
翌年以降は「トン トン トン トン ドドン トン トン」
のような。

ほんとにすみません!!!!


会話文を読んで、問題の意味を理解し、解答する、というスタイルは変わっていないと思います。
グラフの読み取り、空間認識(図形)、記述という部分も。

でもですね。
H28年度(8期生)あたりから、得点率が上がっていることは事実だと思います。
適性検査らしくなくなってきたという感じ。でしょうか。
(いや、あくまで印象です)

H27年度、娘は350点前後の得点で合格しています。
6割前後でも合格をいただけてました。

H30年度の場合、過去記事を参考にしていただくとよりわかると思いますが

相模原に関しては500点以上はすべて合格。
そこからはなかなか激しくて495点不合格(M)、490点(M)合格、455点(F)合格。
それ以外は460点あたりまではすべて合格。

445点以下になると430点で繰り上げ、425点合格、425点不合格、420点繰り上げ、となっていました。

文字色違うところは過去記事抜粋。

正確さはないですが、長女よりも低い得点の方も合格をされていたようなので、600点満点の6割前後を取れていれば、可能性はあった。

近年は、高得点傾向にあり、8割程度の得点を目標にしなくてはならないのではないか?

と感じたのですね。
もちろん、受検されるお子さんのレベルが上がったことも考えられます。
しかし、解きやすくなったと考えるほうが自然かな、と。

受検生に「あーあのリンゴの問題ね」と今でも語られるような問題傾向ではなく、淡々とこなす問題に。

ホントに感覚的に、そう思ったのでした。

今年、10期生が入ってきて、東大合格者も現役合格率なら県内トップ(合格者数ではないです)。
先日の甲子園予選(神奈川大会)のテレビ中継だったか、入場行進だったかでも
「県内有数の進学校」と紹介され・・・

成績底辺クラスの娘、なぜ、入れたのか未だにわかりません。

その年、その年によって、カラーがあるように見えて、学年ごとの特徴的なものも出ているかな。
やはりみんな勉強が「きらいじゃない」お子さんが多いように思いますし。
頑張る姿を応援する気持ちも、すごく素敵です。

後期生になり、自由を得た分、責任が増えます、と校長がいっていました。
「やるか、やらないか」
自分で決めていかなくてはならなくなったので、確かに前期生との違いを感じています。
単位を落とさないように、必死でございます・・・

全然質問のお答えになっていないと思います。
ほんの少しでも、伝わっていればよいのですが。

11期生の問題は、どんなものになるのでしょうね。

次女は学校の勉強を中心に頑張っています。
夏期講習には行っていますが、「それ以上」の勉強はやってないなあ。

次はまた、学校の様子や次女の今を書こうと思います。

おつきあいいただき、ありがとうございます。

環境花壇2



夏休み!

気づけば夏休みに入ってました_:(´ཀ`」 ∠):

小学生のチビ2人は、明日まで学校があります。

ご無沙汰しております。
皆さんお元気ですか??
猛烈な暑さに私はヘロヘロ。

とうとう、この異常高温は災害レベル?なのかな。
(yahooニュース斜め読み)

私はパソコンで記事を書く派なのですが、最近ずっと調子悪くてですね。
スマホだと、時間かかるので更新が途絶えました。

入学式、オリ合宿、社会科見学、体育祭、高校野球、次世代成果発表…

色々載せたいの。

そして、更新出来ていないにも関わらず、質問もいただきました。
こんな片隅のブログを見つけていただいてありがとうございます。

パソコンいま直してるので、少しだけ、お時間ください。

6年生の次女は、模試も増えて夏期講習も始まります。学校説明会の申し込み、今年も往復ハガキでした。ずっとなのかな??

長女は今年、自己発見チャレンジやオープンキャンパスで大学に出向くことが多くなりそう。

三女。
プログラミング始めました(笑)
サイエンスクラブからプロテックに移りたいと言うので。初歩的なことをやってます。

とにかく尋常じゃない暑さ。
中等は何度かブレーカーが落ちたそうです。

あと2週間くらい暑さとの闘いになりそうです。
乗り切りましょう…

私は最近アイスボックスを水筒に入れてます。
溶けにくいのでおすすめです。

今日の1枚。

体育祭の雰囲気。
天気に恵まれて暑かった!
201807232346477bc.jpeg

明日は入学式ですね。

こんばんは。
年度終わりと始めは、人事異動が激しくて、仕事の方もバッタバタです。

中等教育学校は、明日が入学式。
10期生ですね。
予報では、明日は夕方からお天気下り坂のようです。

気温も17度くらいですから、過ごしやすくなるのかな?

体育館は普段寒いくらいですが、人口密度が高くなると少し暑く感じるかもしれませんね。

新しい制服を着て、カバンを背負って(入学式から例の指定カバンで行きました)。
体育館履きが必要だったかな?
持っていく書類も結構あったような気がするので、確認ぬかりなく、ですね。

中庭に「入学式」の看板が出るのですが、毎年写真の人気スポットです(笑)。
風が強くならないといいですね。
残念ながら、桜はもたなかった・・・かもしれない。

でも、花壇はPTAの委員の方が入学される皆さんのために、と整備をしてくれています。
かわいいお花をバックに、ぜひ。

入学式は午後から。
午前中は始業式ですね。
クラス発表や担任発表があって、在校生は昼前に帰宅します。

あ、午後からですが、食事と水分はきちんと摂ってきたほうが良いです。
慣れない学校で緊張もするし、立ったり座ったり、知らない人ばっかりだし。
結構式典中に具合悪くなるお子さんもいます。
しっかり食べて、参加をオススメします。(保護者も。長丁場になります)

翌日から7時間、みたいなことを以前書きましたが、さすがにそれは無さそう(汗)。
月曜日くらいまでは午前授業な感じでしょうか。
(新年度の予定が確認できてない・・)

翌日からはオリエンテーションや対面式、部活動紹介などなど。
結構盛りだくさん。

今年からソフトボール部は休部になってしまいました。
部員が2名になってしまったため、活動継続困難ということみたいです。

毎年大人気のクラシックギター部は100人を超える大所帯。
前期生でも部活動は週4~5日が基本なので、なかなか忙しいです。

英語部はディベートチームが年度末に紹介されていましたね。
(これは、後期生になってからかも。兼部の方がほとんどかな)

文武両道、結構みなさん部活もがんばってます。
体験期間中にいろいろ回ると良いと思いますよ。

10周年ということで、記念行事が気になるところですが。
周年行事は、今年度から準備をはじめて来年開催のようです。
どんなものになるのかなぁ。

大学生になった卒業生の先輩方も、入学式やオリエンテーションが始まっているのでしょうか。
いま、大学の入学式って、親御さんもご一緒に行かれるのですか?
自分のときは、行きと式は一緒だった記憶があるのですが、帰りは別々だったような・・・

進学実績がHPで発表されていました。
約半数が国公立への進学。
驚くべきは、早稲田、慶應、明治や上智に合格していても、入学人数がめちゃめちゃ少ないこと。

これはまた次回書こうと思っていますが、やはり国公立合格のみなさんが併願しているってことなのかな?
(滑り止めは当然かな、と思いますが)
本当にすごいなぁ・・・

さて、私もそろそろ明日の準備をせねば、です。

そして今年は例年より多くの先生が異動。
英語の先生がかなり入れ替わっています。ナニゴト!!!

あとは、風のウワサで、あぁ、うん。そうだね、といった先生とか。
定年の先生もいらっしゃいますね。
教頭先生が、平塚に異動。
お世話になったので、ご挨拶したかった。

小学生の次女、三女も明日が始業式。
次女は6年生になり、1年生の入学式をお手伝いです。
バディ制なので、新入生と手をつないで入退場。
しばらくは一緒に過ごしたり、給食を一緒に食べたりします。

コメント、ありがとうございます!
いつでもなんでも、お待ちしてます(^-^)/

大学生活や、学年が上がってからの様子など、また聞かせてくださいね。

では、また!!
見てくださっている方は、明日お会いできるかもしれませんねぇ

参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ






PTAについて

こんばんは。
近所の公園にある桜が、ほぼ満開になっていました。
入学式まで持つといいなぁ。

さて、今日はPTAのお話を少し。

中等のPTA役員の任期は1年です。
高校だと、3年任期のところも多くあるみたいですね。

交流、環境整備、安全、広報と4つの委員会がありますね。
4月の学年で2年生~6年生までは、年度末にほぼ決まっています。
1年生(10期生)は、入学式のアンケートをもとに決まるのでしたね。

この学校の場合、出身小学校に一人、という場合もかなりあるので知り合いがいない。
情報もない!
ってことで、私1年のときに委員やりました(笑)。
当時常勤で仕事をしていたのですが、有給休暇使ったり、平日休みをそこにしたり。
なんとかやりくりした記憶があります。

正副委員長は、4月の常任委員会(新年度役員さんは全員参加ですね)で決まります。
立候補→くじ引きの流れです。
まぁ、なかなかに立候補難しいですよね・・・
なので、高確率でくじ引きになります。
(1年生については配慮があるかもしれませんよ)


正副委員長は、年7回程度の常任委員会への出席、5月総会の出席があります(2017年度のお話です)。
各委員会の企画や活動を行うので、学校に来る回数も増えますよね。
環境整備委員会は、なるべくおうちが近い方の方がいいかもしれません。

もし、迷っているなら。

YOU,やっちゃいなよ!


((((;゚Д゚)))))))

と個人的には思ってます(笑)。

以前も少しお話しましたが、中学以降、極端に学校へ行く機会が少なくなります。
懇談会は基本的に年1回。
個人面談(三者面談)も年1回(呼び出される場合を除く)。
その他説明会などがありますが、結構少ないです。
体育祭も平日だし。

Parent-Teacher Associationですので、先生方も参加なんですよね。
PTAで学校に行ってなかったら、絶対6年間知らないままの先生もいるよなぁ。なんて思います。
1年生で何もわからないけれど、上級生のお母様たちから色々情報やお話を聞けましたよ。

宿泊学習の持ち物から体育祭の様子、文化祭の様子、あれは必要、これはいらない・・・など。
委員会活動でのおしゃべりは、なかなかに楽しみだったな。

おそらく、PTAに関わらずに過ごそうと思えば、それも可能だと思います。
私は、6年間子どもを通わせる学校のことを、ちゃんと知りたいな、と思っていた(下心?)ので1年時のアンケートで立候補しましたね。
比較的、決まるのは早かったように思います。
そして、年度末には「なんだかんだ、大変なこともあったけど楽しかったなぁ」と9割くらいのお母様が言ってましたよ。
(盛ってません!ただ、本心を言っていない可能性はあるかもですけどw)

PTAに対しての考え方は、個人差があると思います。
やりたくなければ、無理にやる必要はないと思います。辛いだけになっちゃうから。

しかし。
悩んでいるなら、背中を押します。
やらないで云々言うなら、やってから言う。というのが私のポリシーで。

とかカッコイイこと言ってますけど、ちょっと娘の様子をのぞき見したかったんですよね(゚д゚)

おそらく、各委員会の活動内容は簡単にですが、入学者説明会の封筒の中に入っていると思います。
子どもも知らない環境に踏み出すので、ぜひ、保護者の方も一歩踏み出してほしいなと。

こればっかりは、少なからず家庭生活への影響があるものなので。
自分の時間をどう使うかというのは、それぞれのお母様によって考え方の違いもあるし。

よかったら、ぜひ。
というくらいにとどめておきます(/∀\*)

でも、「YOU やっちゃいなよ!」っていま私のブームでして。

最後まで悩むようでしたら、思い出してみてください♪

もっと掘り下げて知りたい場合は、またコメントお待ちしています。

IMG_3386.jpg

では、また!

参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ



公立中高、入試報告会に行ってみました。

こんにちは。
今日は暖かくて風が気持ち良いです。
(花粉さえなければ最高)

週末に三姉妹とも終業式を迎え、春休みに突入。
4月から長女は中4(高1)、次女小6、三女小5になります。

さて、少し前になりますが、某所にて行われた入試報告会に参加してきました。
(長女のときは夏期講習からだったので、参加してなかった)

川崎市立に関しては、対象外(市民ではないので)のため、お話を聞いていません。
映像や動画を交えながら、2時間強話を聞いてきました。

南に関しては、2017年に適正検査の問題が難化したので、減少傾向にあるのでは、とのこと。
4割取れればよい方だとのお話もありましたね。
昨年度の適性検査問題で、「3つある文章のうち2つを選んで」と言う問題があったのですが。
3つすべてを読んでから、問題文を確認すると「2つで良かった」ということもあるので
最初に問題文をしっかり把握することが大切、とのことでした。

南だけではなく、他の一貫校についても大問のボリューム(配点も)はかなりのもの。
落ち着いて問題をしっかり読んで、理解することで時間配分をしっかりすることもポイントになりそう。

サイフロは6割がボーダーとみているようです。
問題にAIが登場するなど、時事的なところも文章として出てきますね。
やはり「何を聞かれているのか?」が分からないと時間を取られてしまうこともありそう。

そして、持ち帰ることはできなかったのですが。

気になっていた点数開示での合格・不合格のラインですけど。
聞きながらのメモなので、誤りがあるかもしれない、という前提で読んでいただきたく。

県立中高一貫については、グループ活動の部分がやはり分析しきれないところらしいです。
私にとってはやはり、と言うか、そこまでか、という感じの結果でした。

ざっくりですし、母数が少ないので以下主観で。
(※適性検査Ⅰ、Ⅱのみ見ています。内申とグループ活動は含みません)

平塚は大きなバラツキなく、415点以上はすべて合格。
410点(M)は不合格で400点(F)で合格。

相模原に関しては500点以上はすべて合格。
そこからはなかなか激しくて495点不合格(M)、490点(M)合格、455点(F)合格。
それ以外は460点あたりまではすべて合格。

445点以下になると430点で繰り上げ、425点合格、425点不合格、420点繰り上げ、となっていました。

県立の内申は、6年生の12月時点での成績を提出することになっていますよね。
長女の頃の提出書類は、教科の3段階評価のみを記載する書式だったと記憶しています。
学級活動などを記載する欄はなかったと思うんですよね。

適性検査でしっかり点数を取れている場合は、良いですが、400点前後からは内申とグループ活動がかなり効いてくる印象です。
500点近く取っている(またはそれ以上の場合もあるかも)場合でも、不合格になるなら、「縁がない」(県立一貫の求める生徒ではない)ということになるのでしょうか。

うう、いまさらながら、知ると怖い・・・

最後のほうで、合格したお子さんが登壇されるのですけど。

「ああ、受かるよね」
と言うお子さんでした(=∀=)。
受け答えはかなりしっかりしていて、物怖じせずに質問にも答えていました。
目が合わなかったのは、そりゃ12才ですから仕方ない(笑)。
(我が家では「相手の目を見て話そう」と教えているので、ちょっぴり気になっただけです。ごめんなさい)

その年のカラーみたいなものはあるけれど、全体で見るとやはり似ているところはあるように思えます。
今年、リーダーを決めずにグループ活動に入ったということで、そのあたりを質問してみました。
最初は、「え?」と思ったそうですが、そのお子さんのグループは、みんなが「じゃぁはじめようか」みたいな雰囲気で進んでいったそうです。特に動揺もなくグループ活動を終えたそうですよ。

私もこうやって書いていながら、いまだに「なんで長女が受かったんだ?」と考えつづけていますが。
自分で努力をし続けられるお子さんが多く集まっているのでは・・・

国公立の後期試験が終了し、進路もほぼ出そろっています。
学年のほぼ半数、80人弱が国公立に合格していて、明治、早稲田の合格者も40名以上いるんです。
(国公立では首都大の合格者が最も多いのですが、その次がなんと東大と言う)


報告会でも言ってましたが、県立は今度も志願者数が増えるだろうと。
得点力だけじゃない、何か。
考えても仕方ないから、我が家は本人のモチベーション維持を第一にフォローしていこうと思います。

4期生(既卒生も含めて)も、単元や一部科目の遅れなどハンディもあったのに、素晴らしい結果でした。
スイッチが入ってからの先輩方の頑張りは本当にすごい、と娘も話しています。
6年生になると自然と受験ムードになり、下級生はそこを邪魔しないように。
先輩方を見て、学んでいるんだと思います。

今年も先輩に参考書類をいただきました。
これも、毎年結構行われていて。
しっかりアドバイスももらって。

離任式もありましたね。
今年は10名以上も先生が異動されるみたいです。
中には、教科を引っ張っていた先生も含まれていて、結構衝撃も。

部活の顧問も離任でした。
これ、なかなかに・・・

最後なんだかまとまらなくなってしまいました。
また、書きますね。
では!

参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

りぷちゃん

Author:りぷちゃん
県立中等教育学校に通う中3、小5、小4の三姉妹ハハが綴る、中学受検(験)や我が家のお話です。今度は小5次女が、2019公立一貫受検を目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
雑記 (19)
長女 (10)
模試 (11)
自学ネタ (5)
習い事 (2)
ダンス (1)
受験対策 (50)
家庭学習 (10)
おすすめの本 (3)
願書 (0)
受検 (41)
学校生活 (113)
お散歩 (2)
検定試験など (6)
映画 (1)
課題など (7)
大学受験 (8)
私信的 (1)

見てくれてありがとう☆

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん