FC2ブログ

イマドキ中学受検(験) 一本勝負で公立中高一貫合格!

我が家の次回中学受検は2019年&日々のおはなしです

自己発見チャレンジと、次世代教養。

※記事の一部を修正・追記しました 2018.11.4※

こんばんは。
朝晩の冷え込みますね。
日差しのある日中は、まだ上着がいらないくらいです。

早いもので11月。
来年度の適性検査(入学者選抜)まで、3か月ちょっととなりました。

次女は模試の結果が今一つ伸びずです。
今はぐっと言いたいことは我慢がまん。褒めて伸ばさねばと思っています。

というのも。
次女はスタミナがあまりないタイプ。
がちゃがちゃ言われるとおヘソも曲がってしまうのです。
難しいですねぇ・・・(;д;)

本を読まない、という話もしましたが。
有川浩さんの「旅猫リポート」が青い鳥文庫から出ていたので購入。
実は私も読みたかったので、次女が読破したら借りようと思っています。

長女は文化祭が終わり、合唱祭の練習が先月から始まっています。
どうやら今年から審査方法が変わるみたいです。

大問題の通知表。
(ペラっとA4の用紙2枚)
なんとか落単(単位を落としてしまう)は免れました|ω・`)

ごめんなさい、長女、出来が悪いです。


全体順位も出るのですが、まぁ可もなし不可もなしです。
上位層にいることが望ましいとは思いますが、長女なりになんとか踏ん張ったのも知っているので。
卒業出来れば良し、としたい。

数学や物理など、単元ごとの得意不得意がひどい。
勉強を全くしていないわけではない(はず)のに、テストは点が取れない。
根本的に理解できていないのでしょうね。

ただ、大学受験では苦手分野も避けては通れないことも、本人は充分わかっている。
時間が足りずに塾には行っていないけど、そろそろ対策取らなくちゃいけない時期ですね。

さて。
コメントありがとうございます。

平塚中等の説明会は、私が出張だったために参加できませんでした。
そちらの様子を、お知らせくださりありがとうございます。

平塚はシャーペンOKなのですね。
相模原も、入ってからは大丈夫です(*^_^*)
適性検査時については、11/3に確認してこようと思います。

そして、「かながわ次世代教養」が平塚にはないのですね。
相模原は、「総合的な学習」の時間に、「かながわ次世代教養」として探求の授業をしています。

⇒私の勘違いでした、ごめんなさい( ノД`)
平塚も、次世代教養があります。ホームページには記載がありましたね。
しかも、わかりやすかった。次世代教養として、どんなことをやるのかが書かれていました。
伝統文化、歴史、地球環境、英語コミュニケーション、ITですね。
長女に「ねぇ次世代の授業って何やった?」って聞いてみたら「次世代の授業はなかった」と言うのですけど。
平塚の内容みたら、「あれ?やってるわ」って。OMG。
1年でIT,2年で伝統文化、3年で地球環境をやってきたみたいです。
(普通に「伝統文化の授業」という名目だったと言っていたので、ピンとこなかったようです。長女の話なので、ちゃんと次世代の時間って書いてあったりするのかもしれません)


相模原のHP「キャリア教育」のページにも、少し掲載されています。
発表会当日の様子は、トピックスにもありました。

4年時に、自分が興味のある事柄について(調べたいことや知りたいこと、掘り下げたいことなど)検討し、6年時に向けて探求を始めます。テーマはさまざまです。

今年は10演題のうち、2演題が英語でのプレゼンテーションでした。

・口コミとソーシャルメディア→口コミの特性の考察を通して、ソーシャルメディアとの向き合い方を考える。
・Ryokan for Foreign Tourists→旅館とホテル、おもてなしとHospitality の違いに着目し、問題解決方法を提示する。
・ヒットゆるキャラは作れるのか→ヒットしたゆるキャラを研究し「ヒットする法則」を導き出した。
・日本色を生かす→諸外国の伝統色との数値的な比較や歴史的背景をもとに考察。
(一部抜粋)

私も見に行ってきたのですが、プレゼンテーションスキルが素晴らしい。
1年時からパワーポイントを使っているだけあって、良く作りこまれています。
きちんと考察され、理論づけもされているので、「なるほど」と思うことが多くあります。
テーマも、実に多彩で高校生らしい視点もあり面白く拝見してきました。

平塚でも、名前は違えど探求活動はあるのでしょうか。
ちょっと調べてみようかなと思います。

平塚の良いところは、校舎が広いところですよね。
廊下のスペースが広く、休憩(テーブルとイスがあって、談笑やランチ、勉強が出来るスペースがある)。
いずれ高齢者施設として使用できるように、と聞いたことがありました。
(ただしこれは、ウワサ程度と思っていただければ・・・)
相模原との大きな違いの一つでもありますね。
去年文化祭にお邪魔したときに、座れる場所がたくさんあって、うらやましいなと思いました。

部活動も、だいぶ違いますね。
お子さんがどちらに行きたいか、まだ時間はありますので、もう少し考えてもよさそうです。

スケジュールは、タイトですね。
おそらく、これはどちらにも言えるのではないかと思います。
部活はもちろん、大きな行事の前には朝練、昼錬、放課後錬があります。
いつも何かに追われている感じです(笑)。

ただ、長女の場合、追われているほうが色々頑張れるみたいです。
(もともとなのか、中等に入ってからなのかはわかりません)
行事もみんな本当によく頑張っていて、いつ勉強してるんだ?
何時間寝てるんだ?
と疑問に思います。

6年生の体育祭後に、本格的な受験勉強に突入していくイメージなので、「本気出す」とすごいんだなぁと感心したり。

平塚も、行事前は同じようにタイトだと聞いたことがありますよ。

だからこそ、繋がりが強くなるのかもしれませんね。

そして、その代(6期や7期などの入学年度)のカラーも大きく影響があると思います。
4年間見ているだけですが、学年のカラーってあるなぁ。
長女ははまっている(多分)ようなので、毎日楽しそうにしています。
そして、少し学校に行く時間が遅くなりました。

4年時の「自己発見チャレンジ」は、夏休み中に課されます。
大学の学部選びの一貫で、興味のある分野へ自分でアポイントを取って行きます。
企業に行ったお子さんもいれば、学校に行ったお子さんも。

長女は生物系に行きたいようなので、3つほど大学の講座を受けてきました。
(大学の講義や模擬授業でも良いのですが、その場合は2日以上?などの決まりがあるようです)

・某県のがんセンターで、遺伝子の解析
・明治大学(農学部)で、発酵とカビについて
・日本大学生物資源科学部で、油の中で生きる微生物
・同じく日本大学生物資源科学部のバイオサイエンススクールで、大腸菌の誘導

こんなラインナップでした。

最後以外は、すべて「ひらめきときめきサイエンス」のプログラム。
バイオサイエンススクールは、大学のHPで見つけたようです。

分子生物学(遺伝子)、発酵、微生物、大腸菌とほぼすべてに関してどんなことをやるか見ることができたので、本人としては「やりたいことが固まった」みたいです。

生物学の中でも「これがやりたい、興味があるな」と言うのが見つかったのは良かった。
大学を選ぶときの基準になるので、実はほぼ志望校が見えてきました。
(あ、受かる、受からないは別です)

志望校の学園祭に、今月数校行ってくると言ってました。
そのあたりの話も、少しできればいいなと思います。

長くなりました(汗)。
お付き合いいただき、ありがとうございます。

(文中の緑色部分が追記した部分です)

今日の1枚。
文化祭の入場待ち列です。今年は約9000人の来場がありました。
1日目の午前中は雨で、傘のお花が咲いてます。
ちなみに、この列は公園から先の伊勢丹まで続いていました。(開場前)

IMG_5753.jpg

では、また!

参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ


6月、7月の学校行事や様子。

こんにちは。
今週から三姉妹は学校が始まりました。

小学校は、まだ給食が始まらない・・・
長女は初日からお弁当持って、変則(短縮)4(7)時間ですね。
いきなりテスト1週間前なので、なんとも微妙な感じではありますが。

さて、6月、7月(夏休み前)の様子を。
中等では6月はじめの中間テスト終了後から、体育祭の応援合戦(ダンス)夜間練習が解禁になります。
(保護者の許可証提出が必要)
後期生は通常の完全下校時間が19時。
団練期間だけは、20時になります。

前期生は体育の授業(ダンス)の一貫なので、全員参加が基本だったかと。
後期生は団の参加は自由なので、ダンスはやらない選択肢もあります。

今年は初の男子ダンス長の団もありました。
毎年テーマに沿った10分間のダンスはみごたえがありますよ。

200人前後を振りつけたり、列を確認したり。
6年生が中心になって、まとめてくれています。

長女は初めての団参加でしたが、練習参加率はなかなかだったように思います(笑)。
5年、6年の先輩方とごはんを食べて帰ってきたり、ゲーム(親睦のための)をしたり。
色々と考えてくれながら、話しかけてくださり、一体感を培っていくのだなぁ。
競技の練習ももちろんあります。

前日まで、お天気心配でしたが、当日は素晴らしい天気でした。
(私のような老体には、かなり堪える暑さでしたが)
今年の総合優勝は「青」。

DSC06366.jpg


テーマはそれぞれ、
赤・戦国
青・アトランティス
黄・トレジャーハント
緑・イースター
でした。

初めて参加してみて、衣装はちょっと大変でした。
私も長女も、裁縫は得意じゃないんですよね|ω・`)

ミシンと格闘しながら、衣装合わせギリギリに完成。
布の採寸も幹部や6年生が行って、配布してくれます。
最後まで破れなくてヨカッタ(´;ω;`)

当日、後期生はプチ打ち上げ?があるらしく。
団長をはじめとした幹部からの挨拶や、衣装の説明などがあると。
なぜか、優勝しなかった団の副団長(5年)が丸刈りになるんです。
その場でバリカンで。
本人たちにはアレですが、盛り上がるみたいですね。

体育祭が終わると、団の打ち上げなどもあり。
毎年こうやって、先輩からいろいろなものを受け継いでいくんだなと思いました。

6年生は体育祭が終わると一区切りです。

実は6月には保護者が学校に出向く機会も多くあります。
前期はPTA主催の学年ごと(クラスごとの学年もあり)の懇親会、部活動の保護者会、宿泊研修などの説明会。
3年~5年は後期課程の履修説明会、6年生は受験生の親の会など。
PTAの委員会開催の行事もあります。

7月初めに、「かながわ次世代教養」成果発表会があります。
6年生の10名程度が学校説明会のあったホールで発表します。

私も見に行ってきました。
英語でのプレゼンが2例。
テーマもさまざまで、ゆるキャラに関することから数学の問題について、日本の色、バリアフリー住宅など。
今の高校生はここまでプレゼンするんだ!と感心しきり。

この次世代教養については、4年生でテーマを決めて、研究を続けることになっているらしい。
(進路関係のお話になるので、次でまとめてお話します)

いよいよ6年生は受験モードになっていきます。
ホントにしっかり切り替えていくのは、毎年すごいなあと思うところ。

7月は中旬にかけて、各学年の三者面談。
4年生になって、志望校について具体的に聞かれましたね。
長女の担任は、今年着任した先生だったので、あまり突っ込んだお話はしなかったけど。
そして、ここから怒涛の「進路選択思考期間」が始まることになるんですよ・・・
(。pω-。)

夏休みに入ってからは、指名補習(今年も無事数学はご指名いただきました)と、自由補習があります。
課題もやっぱり多めでした。
だた、今年は仲良しのお友達がみんなオーストラリア研修旅行に行ってたので、課題は捗りました(笑)。

次女、三女は夏休み中もクラブ活動を頑張りました。
8月に地元のお祭りの舞台で発表があるため、暑い中通っていましたね。

次女はソロをもらっていて、びっくり。
親ばか承知ですが、成長を垣間見て、ちょっと泣きそうでした。

三女は市の水泳大会を目指していましたが、決勝に残れず。
「クロール以外なら、出られるのに!」
と友人の母から情報をもらいました。
三女は背泳が得意なので、ラストチャンスの来年こそは。

三女の水泳に関しては、特別タイムが早いとかではないんです。
飽きっぽい彼女が唯一続けているもので、市の大会に出るのが目標なので。
そこは応援したいなぁと思っています。

小学生の次女、三女は毎年恒例の「前日感想文」。
あれだけ「感想文は先にやっておけ」と言っていたにもかかわらず、やっぱりやってない。
今年はこちらもイライラするので、放置しておきました。

なんとか書き上げて、当日持って・・

持って行ってない!!!


三女は、「清書は間に合わないから、先生に話して火曜日にする」

と言い残し、堂々と登校していきました。

あと1年これをやるのか・・・

。゚(゚´Д`゚)゚。

まぁ、それぞれ個性があってよろしい、かな?

早いものでもう9月になってしまう。
色々と時間がなくて、焦る。

今日もながなが書いてしまいました。
いつもお付き合い、ありがとうございます。

次は、中等4年生での進路について、次女の受検対策についてなど、書こうと思います。

では、また!!

参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ


夏休み!

気づけば夏休みに入ってました_:(´ཀ`」 ∠):

小学生のチビ2人は、明日まで学校があります。

ご無沙汰しております。
皆さんお元気ですか??
猛烈な暑さに私はヘロヘロ。

とうとう、この異常高温は災害レベル?なのかな。
(yahooニュース斜め読み)

私はパソコンで記事を書く派なのですが、最近ずっと調子悪くてですね。
スマホだと、時間かかるので更新が途絶えました。

入学式、オリ合宿、社会科見学、体育祭、高校野球、次世代成果発表…

色々載せたいの。

そして、更新出来ていないにも関わらず、質問もいただきました。
こんな片隅のブログを見つけていただいてありがとうございます。

パソコンいま直してるので、少しだけ、お時間ください。

6年生の次女は、模試も増えて夏期講習も始まります。学校説明会の申し込み、今年も往復ハガキでした。ずっとなのかな??

長女は今年、自己発見チャレンジやオープンキャンパスで大学に出向くことが多くなりそう。

三女。
プログラミング始めました(笑)
サイエンスクラブからプロテックに移りたいと言うので。初歩的なことをやってます。

とにかく尋常じゃない暑さ。
中等は何度かブレーカーが落ちたそうです。

あと2週間くらい暑さとの闘いになりそうです。
乗り切りましょう…

私は最近アイスボックスを水筒に入れてます。
溶けにくいのでおすすめです。

今日の1枚。

体育祭の雰囲気。
天気に恵まれて暑かった!
201807232346477bc.jpeg

なるほど、一理ある。

こんばんは。
日中の日差しが暖かくて、外出も苦にならない日でした。

受検休み期間の娘は、今日も出かけて行きました・・・
早く帰ってきたのですけど。

さて、以前の記事にコメントいただきました。
そのことを少し、書いてみます。

「評判で志望校を変えますか?」
と言うタイトル。

コメントいただいたこと、一理あるなぁと思います。

ですが、タイトルを変えるつもりはありません。

あくまでも私の主観で書いているブログだからです。
確かに、評判が良い学校が人気があり、偏差値も上がるかもしれません。
受検(受験)生も、保護者も、評判は気にするところでしょう。

そういった意味で、確かに「評判」と言う言い方は語弊があったかも。

タイトルは、なんとなくひらめきでつけてるんです。
私から見たら、あの日の記事はこのタイトルで書こうと思ったので・・・

なので、違和感を感じられた方がいらしたとしたら、それは申し訳ないのですが。

その2つあとの記事(12/11)の記事でも書いているのですが公立一貫も5者5様。
学校ごとの特徴をよく理解して、子どもたちに合う学校を選べると良いですね、と書かせていただいています。

志望校については、お子さんと保護者の方が良く考えてお決めになっていると思っています。

いろいろなご意見をいただいて、たくさんの方に見ていただいてるんだなぁと改めて感じるところです。

これからも主観的に書いていくので、「んん??」と思うこともあるかもしれません。
私らしく、情報発信していけたらいいなと思っているので、ご容赦ください。

グダグダなことも書くし、泣き言も書くかも。
うれしい、悲しい、楽しい、そんな日常にお付き合いいただけたら嬉しいです。

うまくまとまらなくてすみません( ノД`)

いよいよ明日が発表ですね。
明日の10時・・・

なんとなく私も落ち着きません。

在校生が登校できないのは、今日まで。
明日は部活があるお子さんもいるので、生徒もいます。

長かった受検休みも終わります。
課題が終わったのか、聞くのがちょっと怖い・・・

では、また!!

参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ



公立中高一貫校 娘に聞いてみた。

こんばんは。
昨日の大雪、ホントにもう、昼過ぎからの雪の降り方が関東じゃない(笑)。

長女の学校もさすがに昨日は6時間目終了後完全下校となりました。
(大雪警報が出たので、その対処でしょう)
基本的に休校にはよっぽどのことがない限りなりません。
それもかなり有名です(汗)。

ただ、早めの下校は懸命な判断だったと思います。
それこそ遠くから来ている生徒にとっては鉄道の運行状況が帰宅できるかの分かれ目。

もちろん今日は「安全を最優先し、十分に注意して登校させてください」でしたから・・・

さて、少し間が空いてしまって、その間もコメントいただきありがとうございます。
今日は娘に色々聞いてみたので、そのお話を少し。
(私と娘の主観です。その点だけご理解ください)

県央校か、西部湘南校か。
我が家が受検を考えたとき、選択肢は県央校しかなかったんですよね。
やはり通学時間、通学方法と言う面で。
バスは避けたかった・・・

そして、情報があまり入ってこなかったこと。
小学校の卒業生に県央校はいたけれど、湘南校はおらずに話題にものぼらなかった。
今は、湘南校の情報がちょくちょく入ってくるので、双方の魅力がわかった上で考えることができます。

まず、同じ県立一貫校というくくりなので、倍率とか競争率も神奈川県のホームページでひとくくりされています。
つまり、県教育委員会からみれば県央も湘南も同じくくり。
なのに、偏差値と年間の授業時間数が違うのはどうしてだろう?

以前も少しふれたかもしれませんが、県央校って圧倒的に授業数時間数が多いんです。

「シリタス」と言うサイトを参考にお話します。

県央校の年間授業時間数は1260時間、湘南校は1224時間。
これを参考にするならば36時間の開きとなり、3年間で108時間の差になります。

実は時間数が最も多いのは市立南。
こちらは1272時間!!!
他の学校と並べてみると
横浜国大付属横浜中学校 偏差値65 授業時間数1014時間
サイエンスフロンティア 偏差値62 授業時間数1158時間
県立相模原中等 偏差値64 授業時間数1260時間
県立平塚中等 偏差値61 授業時間数1224時間
市立南 偏差値64 授業時間数1270時間

長女が6年生のときに行った学校説明会で校長先生が
「とにかく課題は多く出ます。勉強が好きなお子さんはぜひチャレンジしてください」
と言っていた意味を、入ってから痛感しています。

入学してから数日は学校に慣れるために余裕をもって・・・
なんてことはないです(笑)

確か、入学式翌日からいきなり7時間授業になり、対面式や部活動オリエンテーションなどを終えるとすぐに怒涛の授業が始まります。親睦を深めたり、より学校のことを知るのは4月末に行われる新入生オリエンテーション合宿。
3月上旬(10期生は3/10予定)に行われるときに出された宿題を提出し、早速授業が。
「入学してからゆっくり授業は進んでいくの?」
という質問に
「そんなわけない。最初からガンガン飛ばす」と答えがかえってきました((((;゚Д゚)))))))
「オリ合宿までにいろいろ決めなくちゃいけないこともあるし、GW開けたらもう、引きずり込まれる」

え?!何に引きずり込まれるの!!

「中等と言う名のカリキュラムに」

だそうで・・・

長期休み中の課題の量もかなりありますし、日常では漢字、英単語(熟語)、文法、計算問題、化学式、地名などなど小テストが頻繁に行われます。英語の暗唱はペアで行っている(見開き2頁くらいの会話文を2分以内で発表)ため、自分のせいで時間オーバーすると再テストにはペアの相方も道ずれです。

小テスト、定期テストともに追試は果てしなく合格まである科目も多いです。

当然のようにワークブックなどの提出物も多くあります。
この提出物が厄介で、出さないと呼び出しや居残りがある科目も。
もちろん成績にも影響が出ます。

得意科目についてはみなさん問題なくこなせますが、どこかでつまずくと大きな障害となることも。
あくまで県央校についての印象のみですが、日々の学習がこなせないと後々キツイのは確かだと思います。

しかし、受け止め方にも個人差があるのでそこで「もうダメだ・・・」と思ってしまうか「やべぇ!やっちまった!」と思うか「できなかったことは仕方ない。次にいこう」と考えるか。
どんなふうに受け止めるかによっても、学生生活の様子が変わってくるかなとも思います。

やらされている感がなく、自分でコツコツと出来るタイプなら、まったく問題ないと思いますよ。

長くなるので、受検対策についてはまた後日触れますが。
小学校でリーダーシップを取っている、あるいは取れるお子さんがクラスに数人いたとします。
(主観ですが)中等はそのタイプのお子さんが9割以上です。(主観です)
数人いたリーダーが、ほぼ全員になるわけです。
これはなかなかにカルチャーショックを受けるお子さんも多いのでは・・・

小学校である程度できていた→入ってみたらみんなある程度できる

これは多くの保護者の方が感じるのではないでしょうか。

課題が多い、テストが多い、定期テスト翌日に全国模試・・・
子どもたちはブツブツと文句を言いながらもこなすんです。
結局はきっちりやるんですよね。

もちろん、やらねば成績に・・・とかもあるのかもしれません。
また、学年によりカラーもだいぶ違っていますので一概には言えませんが。
なんだかんだと、みんなやっている印象。

そう、長女も決して勉強することが嫌いではないので、自宅で机に向かうことは習慣になっています。
先生が言うように「教科書や問題集を何週もする」(1回終わっても最初から数回やり直す)を実践しているお子さんも。
(我が家は1週がやっとです)

入試で上位80名ずつが入っているにも関わらず、これだけ開くか、と泣きたくなることもあります。
それでも喰らいついていく体力は、必要な学校だと思います。

どんな趣味や興味を持っていても、それを広く受け入れる子どもたちってすごいなと思うこともあって。
休み時間に勉強していても、読書をしていても「あいつ、なんだよー」とか言われることは少ない(と聞きます)。
アニメが好き、音楽が好き、数字が好き、ちょっと変わったものが好きでも受け入れてもらえる。
(逆に言えば、他人にあまり興味をもたないのかもしれない)

もし、県央か湘南で迷うならば。
やはり双方の学校を直接お子さんと訪問して、それぞれの違いを実際に見て、触れて決めることをオススメしたいです。
湘南校には「科学部」があって、こちらは世界大会レベルの実力です。(レゴ班)
ドバイまで行ってますから。
県央校にはないんですよね。科学とかプログラミングを行う部活動。

また、そこそこの実力がある(ように思える)県央校ですが、医学部実績は7名と少なめ(と感じる)。
理学部、理工学部方面へ進路を取る子が多い印象です。

カリキュラムの違いは、正直良くわからないので、湘南校の保護者の方にお会いする機会があれば聞いてみます。

可能なら見てから、子どもが行きたいと思った方で良いと思います。
小6での大きな選択になるわけですが、その先6年間も過ごすことを考えると、本人の意見を尊重が良いのではないでしょうか。

我が家では次女は県央、三女は湘南または地元校になりそうです。

まだ時間はあります。
私もいろいろ聞いてみたりしますね。

他のご質問については、随時お答えしていきます。
どうも長くなってしまって申し訳ないです・・・Σ(´Д`*)

明日、明後日はかなり冷え込みそう。
体調崩さないようにしないとですね。

今年受検されるみなさん、地元小学校では3クラスが学級閉鎖になってしまいました。
まだまだインフルエンザも流行期です。
万全に臨めますように!!

では、また!!

参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ















 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

りぷちゃん

Author:りぷちゃん
県立中等教育学校に通う中5、地元公立中学1年、小6の三姉妹ハハが綴る、中学受検(験)、高校受験や我が家のお話です。三女は受験いたしません(笑)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
雑記 (21)
長女 (10)
模試 (11)
自学ネタ (5)
習い事 (2)
ダンス (1)
受験対策 (52)
家庭学習 (10)
おすすめの本 (3)
願書 (4)
受検 (48)
学校生活 (121)
お散歩 (2)
検定試験など (6)
映画 (1)
課題など (7)
大学受験 (10)
私信的 (1)
次女 (3)

見てくれてありがとう☆

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん