FC2ブログ

イマドキ中学受検(験) 一本勝負で公立中高一貫合格!

我が家の次回中学受検は2019年&日々のおはなしです

4期生の卒業と、前期課程の修了。

こんにちは。
春分の日なのに、大雪ですねぇ・・・
(我が家のあたりは湿った雪が2センチくらい積もっています)

先週の金曜日に、4期生の卒業式がありました。
ご卒業おめでとうございます。
後期試験の結果もそろそろ出るころで、最終的な数字はもう少し先に。

先輩方の頑張りを、後輩は見ているんですね。
ご卒業、おめでとうございます。

さて、月曜日には早速教科書の販売がありました。
(生徒が購入するので、保護者が学校に行く必要はありません)
相変わらずの量ですけども・・・笑
芸術科目の選択(音楽または美術)により、若干の金額差はあります。
今年は概ね22,000円程度でした。(中4の値段です)

教科書が12冊、副教材が19冊。
どどーんと持ち帰るように言われますね。
中等カバン、何キロになったんだろ。

そして、昨日。
入試報告会(だったと思います)がありました。
これは、大学合格者数名が中3~中5に向けて、どのように受験勉強をしたか、などの体験談を話すものです。
12名4期生が来てくださり、勉強法や気分転換の仕方などお話してくださったそう。
(うち4名が東大合格者だとか)

昼休みの時間まで残ってくれて、各自での質問タイムもあるみたいです。

そんな中、中3(7期生)は、いよいよ前期終了目前。
「前期課程をふりかえる会」のようなものがありました。
保護者も参列可能でした。

既に義務教育分の授業内容はある程度終わっているので。
いただいたのは、「通過賞」でした。
正式な卒業証書ではありませんが、3年生の先生方と学校のお気持ちなのでしょう。
(文章もユニークでしたよw)

あとは、中だるみに対するものもありそうな感じはします。

式は、校歌斉唱から始まり、通過賞の授与。
(クラスごとに淡々と担任から渡されていました。名前は呼ばれず、順番に)
そして、皆勤賞の授与(2割くらいいたと思います)。
そのあとに、成績優秀者表彰(評定平均4.3以上、こちらも2割弱くらいいたような)。

皆勤賞と成績優秀者の両者受賞がかなりいました。
お隣のお母様と「こういう子たちが東大に行くんだろうねー」なんて話してました。

当然、長女は「通過賞」のみ持ち帰りました。

その後、代表生徒(男女1名ずつ)が前に出てお話。
内容は前期の振り返り(そのままか!)だったのですけど、「あっと言う間でした」と言うことだけではなくて、
どんな風に過ごしてきたか、これからどう過ごしていくか、などかなり具体的に話していましたね。

校長先生からのお話も、とても印象に残りました。
(子どもたちがどう捉えたかは分かりませんが、少なくとも私には響く内容がありました)

義務教育が終了すること。
後期課程になれば、責任が生まれること。
そして、責任の裏には少しの自由があるかもしれない。
これから失敗もあるかもしれない。
でも、失敗を恐れずにチャレンジをして欲しい。
たくさん失敗して学ぶことが多くあるはずだから。
そして、「3つの心(割愛します)」を忘れずに。

要約するとこんな感じです。

校長面接(3年時にあります)で、ほとんどの生徒が「この学年はみんな優しい」と言っていたそうです。
優しい心を持ったまま、過ごしていって欲しいなと思います。

重たいカバンを背負っていくのも、あと2回。
早いものですね・・・

春休み中も部活があるのですが、3/31を以て中学生(前期課程)修了です。

次女もいよいよ6年生となります。
通っている塾でも、先日入試報告会がありました。

今年の公立一貫校入試の傾向などお話を聞いてきたので、次回はそちらに触れたいと思います。

長女は久しぶりに髪を切りに行くみたいです。
部活の公演が終わるまでは、と伸ばしていましたが。
だいぶ痛みもあるし、スッキリしたいそうで(笑)。

夜は先輩方との打ち上げ。
あいにくの天気ですけど、楽しんでこれるといいなと思っています。

では、今日はこのへんで。

メッセージ、読んでくださりありがとうございます!!!
また色々、お話出来たら嬉しいです。


参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ










3月は4時間授業!

こんばんは。
久しぶりに暖房なしで夜を過ごしています。
カーテン全開で、昼間の太陽のあたたかさを入れていたら。
夜になってもあたたかいです。

明日は春の嵐らしく・・・
雨の外出はイヤだなと、思っていたところです。

タイトルの件。
ちょっとビックリしています(笑)

1年生のときは、3月は午前授業。(球技大会などの行事日を除く)
2年生ではなぜか変則6時間授業。(午前授業にならなかった)
そして、今年3年生で、また3月は午前授業に戻ったのですよ(・Д・)ノ
球技大会の日のみ、午後ありです。(午後に球技大会をやる)

「あぁ、100分授業にしたから、授業数が充足したんだね」
と思いました。

子どもたちもあまりよく知らなかったようで(わが子だけ?かも)、驚きつつも喜んで報告。
部活はあるので、弁当からは解放されませんけども。

後期生になると、卒業式に出席します。
前期生はお休みです(参列したいお子さんは、出来たかもしれないです)。

今日は国公立の前期試験を終了した6年生が、数名登校していたみたいです。
少し解放感を味わっているかな?

センター試験が1/13、14でしたから、1か月以上モチベーションを保つのも大変だなぁ。
後期まで頑張る方もいるし、大学受験は確かに長いと感じます。

学校では、新入生説明会に向けても準備が進んでいると思います。
荷物が多くなると思うので、雨が降らないといいですよね。

服装は普段着で全く問題ないので、気温に合わせていらしてください。
寒い日であれば、体育館は足元がかなり冷えます。
毎年ご両親と以外の方(弟妹や祖父母)がいらっしゃることもあり座席はあまり余裕がないです。
当日は、ちょっと独特の雰囲気になるので、リラックスして臨んでくださいね。
(個人の感想です)

明日から3月。
1年がとっても早いと感じます。
春は好き。
花粉さえなければ。

では、また!!

参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ





宿泊学習いろいろあります。

こんばんは。
夜間の更新になっちゃいました。

昨日、今日と東大や京大の二次試験、前期日程試験があったようですね。
東大、京大ともに試験問題の訂正や削除があった模様です。
万全を期していても、やはりミスはあるのですね・・・

さて、今日は中等生活の宿泊学習などについて。

<1年生>
4月下旬に、オリエンテーション合宿があります。
8期までは三浦の施設でしたが、改築のため(と聞いています)9期からは足柄の施設に。
10期生も足柄なのかな?
内容としては、クラス、学年での親睦を深めることと、学校生活についての話など。
夕食にカレーをみんなで作ったりしていました。
地理巡検や筏に乗って海にでる(少し)なんて時間もありましたね。
2泊3日で私服でした。筏があったので、濡れても良い服やサンダルなども荷物に入れていた記憶があります。
キャリーバックは推奨されなかったので、小学校の修学旅行で使った大きなリュックに詰め込んで持たせました。
本人は「リュックで良かった」と言っていたと思います。学校からバスに乗って向かいます。
レクの時間もあるし、楽しかったと帰って来ました。

当時は創立記念日(5/1)がお休みだったので、連休になり疲れも取れていたけど。
翌年からは創立記念日も普通に授業になってしまいましたね。

冬にはスキー合宿がありました。
→9期生からは無くなってしまったのですね・・・

6期生までは全員参加。
7期、8期は40名限定(8期はもっと少なかったのかも?)

レベルごとにスクールに入って教えてもらえていたので、良い企画だったのですが残念。
県の方針?で1学年に宿泊行事は1回まで、とか決まっているの?

<2年生>
6月頃に、「農村体験(農業体験)」があります。
滋賀県内の村で、民泊です。
(ここは村を上げて、農業体験の民泊を推進しているところです)
4~5人の班に分かれて、班ごとに一般家庭にお世話になります。
家族構成や農業の種類もそれぞれ違うので、体験する内容も異なってきますね。
後日、班ごとに発表があるのですが、違う班の話を聞くのも楽しいようです。
「カロム」と呼ばれるゲームが必ずあるらしく。こちらでは馴染みがないのですが。

基本的に、作業用にジャージ上下、私服、寝間着(我が家はスウェットにトレーナー&Tシャツ)。
お別れが寂しくて、泣いてしまうお子さんもいるみたいですよ。
この時はキャリーバックで行きました。
新横浜駅集合で、新幹線に乗り、名古屋からバスだったかな?
お土産は買えません(笑)。

<3年生>
6月終わり~7月初めくらいにイングリッシュキャンプがあります。
3泊4日で、福島県のブリティッシュヒルズに行きます。
こちらはちょっと服装のルールが細かかったです。
制服も私服も必要でした。

テーブルマナー(正式なディナー)を食べる日があるのですが、その日は正装。
略装ではなく、標準服(ジャケット&学ラン)での参加でした。

他にも、部屋でのリラックスタイム以外は基本的に襟のついたものに、膝が隠れるスカートやパンツ。
ジーンズはNGなどの決まりがありましたね。
(オフィスカジュアルな感じならOK)
ずっと制服でも大丈夫みたいです。
ずっと英語で過ごすのですが、友達同士の会話はやはり日本語になってしまうようです。
売店があるので、お土産も(大量には無理ですが)家族分くらいは買えていました。
施設内のパブで、飲み物を飲んだりも出来ます。
やり取りは英語。お金はあらかじめブリティッシュヒルズだけで使える通貨に両替をします。

スマホや携帯の使用・撮影は出来ませんが、デジカメはOKでした。
施設が素晴らしくて、また行きたい!としばらく言っていたのを思い出します。

このイングリッシュキャンプ、2期生から5期生は京都でした。
(班に一人程度の外国人が付き、英語で一緒に観光をする)
東日本大震災の影響だったと聞きます。
6期生からは、ブリティッシュヒルズに戻りました。
修学旅行のような感じなのかもしれません。
学校に集合して、クラスごとにバスで行きました。この時もキャリーバックに詰め込んで行きましたね。

<4年生>
オーストラリア語学研修(選抜あり、人数制限あり)
1月に説明会があったので行ってきました。
募集人数は21-30名程度。
選抜試験があり、それにまずパスすること。
一定以上の成績を取っていることと、態度などに問題がないこと。
希望しても、これらをクリアしないとダメなんですね。
そして、クリア人数が多い場合は抽選。

金額も割とします。
我が家は漏れてしまったら、夏に語学留学(短期)させてもいいかな、と思ってます。
(金額的には同じくらいだと思います)
ただ、学校で行く場合はやはり引率があること、万が一の連絡がしっかり取れることがメリットですよね。
一応、応募はしてみる予定です。

<5年生>
沖縄修学(研修)旅行
3泊だったか、4泊だったか・・・(汗)
文化祭が終わり、テストが終わった頃だと思います。
民泊の年と全部ホテル泊の年があったみたいです。
(基本は民泊)

班ごとに各家庭でお世話になるようですから、これもそれぞれ違った思い出になるのですね。
沖縄の歴史を紐解く時間もあるし、名所の見学や海水浴(海遊び程度な場合も)もあり。
いくつかのコースに分かれて過ごす時間もありました。

4年生、5年生はまだ未体験ゾーンなので、伝聞です。
6年生は宿泊行事がありません。
大きな行事は文化祭まで。

全員ではないですが、長期留学もあります。
3年生の夏ころに説明会があります。
期間は1年間の長期留学が対象です。
多くは4年時(高1)の夏から、翌年の夏までの参加のようです。
留学先もさまざま。
アメリカ、カナダ、オーストラリアの英語圏以外にも行っていらっしゃいます。

ヨーロッパも多いかな?
イギリスやドイツ、ウィーンなど聞いたことがあります。

興味があれば、色々行かせたいなとは思っていましたが、娘は学校行事も楽しみにしているようなので。
1年間の留学は「ヤダ!」と。

中3から中4の時期が一番自由が利く時期だと思うので、お子さんの希望にあったプログラムがあるといいですね。

宿泊学習だけでこんなに長くなってしまった(;゜0゜)

校外学習や社会科見学も楽しいので、機会があればそれらもまとめてみます。

では、また!!


参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ


中高一貫校で過ごす6年間。

こんばんは。

神奈川県立高校の合格発表は2/28ですね。
あと1週間、公立一貫校よりも長い期間ドキドキが続きますね。
地元の同級生たちも、少し羽を伸ばしているかな。

さて、学校ネタではしばらくネガティブ要素の話題が多かったように思うので。
今回は個人的に感じている、学校生活とかを主観で書いてみようかなと思います。

まず、長女が「この学校に行きたい!」と思ったきっかけ。
3年生あたりから、私が一貫校に興味を持っていて、こんな学校があるよ、という話はしていました。
(実際には4年生くらいから、読む本のセレクトや新聞まとめなどはやってみて、と言っていましたが)
5年生になり、学校説明会へ参加。
このとき、ダンス部があることを知って「この学校に行きたい!」と考えるようになったのです。
(地元の中学にはダンス部がなかった)
というのも、長女はダンスくらいしか取り柄がなく、他のことは諦めてもダンスは諦めない。
そのくらいダンスバカ熱心でした。

「ここに行きたい!」と思うきっかけは人それぞれですから、例えば私立本命でも、受けてみたらここが良かった、ももちろんアリだと思います。筆記だけではなく、グループ活動の様子も選考に入りますから、その雰囲気でと言う場合もあるでしょう。

複数合格をしていて、「ここに行きたい!」とお子さんが仰るならば、ぜひ行きたいところで過ごしてほしいな、と個人的には思います。もちろん、ご家庭それぞれの考えもあるでしょうけれど・・・

そう、適性検査の点数開示はグループ活動の点数は開示されません。
適性検査Ⅰ、Ⅱの合計点のみ知ることができます。
長女の点数は決して良くなかったです。
(当時6割を超えていれば、なんとかなる、と言われていました)
6割ちょっとくらいじゃなかったかな。

入学式で新入生代表挨拶をするお子さんは、入試結果がトップだったお子さんです。
学校から直接依頼されます。
入試当時にトップでも、それをずっとキープするのはやはり難しいことが多いように感じます。
長女も成績には波があるし・・・(苦手分野が入っている期間の成績は概ね悪い)

これは私の考えですが、一貫校では高校受験のための勉強をしなくて良いのが本当に利点です。
後期課程(高校生)は単位制なので、出席日数やテストや提出物、態度などで成績が決まります。
規定の単位を取れば、卒業は出来ることになります。
3年生のはじめころに、後期課程の授業形態(単位制、芸術教科の選択)の説明があります。

6期までと7期で、まず英語のカリキュラムが変わります。
今後は新テストも見据えて、8期以降も変わっていくことがあるかもしれません。

確かに授業のスピードは速い。
3年生になる前に、数学が(自己申告による)選択制になりました。
「応用クラス」と「発展クラス」に分かれます。
(「基礎」はないんです・・・)
数学の成績が芳しくなくても、発展クラスを選択するお子さんもいます。
(理系に進む場合はこちらを推奨、みたいなことが書いてあった記憶)

座学だけではなく、グループで発表することも多いように思います。
みんなの前でプレゼンテーションする機会も多い。
3年ではSC(サイエンスチャンネル)と言う時間があり、自分の興味があることを調べてまとめ、パワーポイントでプレゼンテーションする。

4年になると、「自己発見チャレンジ」があり、将来を見据えて興味のある職業や分野について掘り下げることもあります。
大学の研究室、企業などに連絡を取ったりするお子さんもおられます。
このあたりから、宿題の量は少し減ってくると聞きます。
(小テストは変わらず多くあるようですが)

5年生以降は受験準備に入っていく雰囲気です。
4年生までは東棟(校庭に近い門から入ってすぐの棟)ですが、5年生以上は反対側の西棟。
ガヤガヤした雰囲気が無くなる瞬間です(´・Д・)」

思春期を含む6年間を、1学年160人で過ごすわけですから、他の公立校などと比べて密度が濃いかも。
6年間ずっと楽しいことばかりだったお子さんももちろんおられるでしょうけど、成績や友人関係や先生との関係、親子関係など色々悩みながら成長していくのだと思います。

(良い意味で)他のお子さんの趣味や思考を尊重するし、ベタベタしない関係性も特徴かな?
ちゃんと認めることが出来るというか。

「へぇ、こんな考え方する子もいるんだ」とか
「うーん、なんでそう考えるのかわからないなー」とか。
尖がった個性がたくさんぶつかり合って、うまいこと混ざるなぁという印象です。
あと、共学なのもなかなか良いと思います(笑)。
女子も男子もディスカッションするし、助け合っている(ように見える)。

我が家は電車の接続が良ければ30分ちょっとの通学時間ですが、もう少し遠い場合は時間のやりくりが大変ですよね。
電車の中とか、自習室(6年生?後期課程優先)とか、結構みんなきちんと勉強してます。

英語に関しては、3年夏にイングリッシュキャンプ(2016年よりブリティッシュヒルズに戻りました)、4年夏にオーストラリア語学研修(選抜あり)があります。

伊勢原方面の私学に進学した友人は、2回海外研修があると言ってましたねぇ。

オーストラリアは、一定の成績を取っていて、生活態度などに問題がなく、指定の課題を提出して春休み中に審査されます。
募集人員は最大30名。
我が家は選考もれの場合を考えて、2年生から外部のイングリッシュキャンプに参加していました。

本人の強い意志があれば、トビタテJAPANなどを使って、留学するのもありだと思います。
短期から長期まで、さまざまなコースがあるので、興味のある方はぜひホームページをご覧になってみてください。

今年はエンパワーメントプログラムに参加する予定です。
(4日間英語のみで、海外からの留学生を交えてディスカッション)
そして、夏には海外(短期)留学を考えています。

公立ですから、提供されるプログラムに限界はあるし、県の方針から逸脱できないこともあります。
ただ、考え方によっては色々と挑戦できる時間も多くあるので、お子さんの興味があることにどんどんチャレンジしてもいいと思うんです。

オープンキャンパスは中学生が行けるものも多い。
神奈川県で毎年夏に行われる「ひらめきときめきサイエンス」なども、大学の研究室企画など結構面白そうなものがあります。
結構アンテナ張っておくといいです♪
土曜特別授業で、外務省や首相官邸を訪問したり、大相撲観戦に出かけたり。
横浜歴史探訪や、外部講師(横浜国立大学教授)やJAXAの方、オリンピアンによる講義などもあります。

6年間をどんな風に過ごすか、それはもうお子さん次第だと思います。
おそらくほとんどの保護者は、子どもを応援したいし、好きなことを好きなようにやらせたい、とお考えになるでしょう。
(私もそうです(=゚ω゚)ノ

現実と向き合い、泣いて、笑って、へこたれて、復活して。
それでいいと思うんです。
お子さんがどう考えて、どう過ごすか。
何を感じるか。

がっかりも、意外なこともあるかもしれません。

まずはポジティブで行きましょう!!

すみません、私ホントに前しか見てなくて・・・・

それと、私、学校関係の書類が入った封筒を「ピンク」と言ってしまいましたが。
我が家にあったのは薄いグレーの封筒でした(ごめんなさい!)
ピンクの封筒は、PTA関係の封筒の色。
(多分PTAの書類の紙もピンク)

これから学校からもらうものは薄いグレー、PTA関係はピンク。

オール主観でお伝えしてきましたが・・・・・・

今日もまた長々とお付き合いいただきありがとうございます!
次回は宿泊行事のことをちょっと掘り下げてみようかな、と思います。

参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ


学校説明会 購入品など

こんにちは。
雪予報が消えていて少し安心してます。
昼間は暖かく感じました。

週末はオリンピック中心の生活でした。

フィギュアとスピードスケートの金メダル🏅
うーん、素晴らしい。
努力の積み重ね、それ以上のことをしているのでしょう。

さて、来月の学校説明会。
去年の記事です。毎年書いてる笑

体操着は最初1枚あれば大丈夫です。
夏場や運動部に入った場合で、必要に応じて買い足すことが出来ます。

毎週水曜日の昼休みに、業者さんが学校に来てくれるので、体操着とジャージはその時にお子さんが代金を支払って注文できます。(保護者の方でも大丈夫ですよ)

我が家は1年の夏に1枚買い足しました。
ハーフパンツは小さくなってしまい、2年の秋に買い直し。
当日は試着もあります。

柔道着ですが、以前の記事で1.2年の体育で…と買いたのですが3年でもありましたヽ(;▽;) ごめんなさい。

体育館履きは、今年からデザインが少し変わります。

制服は伊勢丹で購入しました。他の場所で購入してもベストやシャツ、セーターは伊勢丹で買い足せるので便利です。

昨年の文化祭では制服リサイクルも開催されました。
入札のよいな感じで、同じ品物に希望者が多い場合は抽選になります。今年以降も開催されるかな?

副教材は持ち帰るなら、小さめキャリーがあると良いです。かなりの量になるので。
宅配の申し込みも出来ます。
(私は宅配にしちゃいました)

今の校長先生は女性です。
どんな話になるのでしょう。

卒業式も近いですし、準備もあり忙しい時期。

そして、中等6年は前期日程試験に向けてラストスパート。

来週は1-5年の期末テストです。

学年末には先生の退任や異動が発表されます。
春は出会いと別れの季節ですね…

では、また!!


参加してみました。ポチっとお願いシマース♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキングへ


« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

りぷちゃん

Author:りぷちゃん
県立中等教育学校に通う中4、小6、小5の三姉妹ハハが綴る、中学受検(験)や我が家のお話です。今度は小6次女が、2019公立一貫受検を目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
雑記 (20)
長女 (10)
模試 (11)
自学ネタ (5)
習い事 (2)
ダンス (1)
受験対策 (51)
家庭学習 (10)
おすすめの本 (3)
願書 (1)
受検 (44)
学校生活 (116)
お散歩 (2)
検定試験など (6)
映画 (1)
課題など (7)
大学受験 (9)
私信的 (1)

見てくれてありがとう☆

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん